ギリシャ版青の洞窟・後編。

  • 2010/11/13(土) 06:37:54

<現在、エジプト・カイロにいます。ふたりとも健康です。>
*2010年8月27日〜30日の日記*

本日、KAOのお姉さんは無事に帰国…しているといいですね。
一応、無事に出国ゲートの中へと消えていきました。
その後どうなったかは知りません。
エジプトの出国審査でトラブったり、トランジット先のドバイとかで迷子になっていないといいのですが。


さて。
前回は青の洞窟の入り口の前に辿り着いたところまででしたな。


改めて、これが洞窟の入り口。
写真ではよくわからないかもしれませんが、めっちゃ狭い、というか低いんです。
あー、いよいよこれは泳いで入らなきゃいけないんだろうなぁ、などと思っていたら。
おっちゃん曰く、「じゃあ、これからボートで入るから這いつくばって!」
…マジですか?


洞窟に入る直前。
洞窟の入り口に対してボートの高さがギリギリなのがわかりますかね。

で、あれよあれよという間に洞窟の中へ。
そして振り返ると…


す、すげぇー!
めっちゃきれい。
これがギリシャ版『青の洞窟』です。
すばらしい。
泳いでもいいよーとのことだったので…


泳いでみました。
いやぁ、これは素晴らしい体験でした。
それにしてもきれいですな。

さぁ、帰りますよーということになり、入る時と同様ボートに這いつくばったのですが…


おっちゃん、出口で痛恨の肩打撲(海老塚くんが撮った決定的瞬間)。
やり場のない怒りを持て余していました。

洞窟内の滞在時間はわずか10分ほどでしたが、本当に行ってよかった。
トルコへお越しの際は、メイス島まで足を伸ばすことを強くお勧めします。


帰りのフェリーまではまだまだ時間があったので、きれいな海で泳ぐことにしました。


泳ぐのによさげな場所を探しがてら、島を散歩。


コの字になっている港にはおしゃれなカフェやレストランが立ち並んでいます。
さすがはギリシャ領だけあって、トルコよりも値段は高め。


トルコや中東でよく見かける目玉のお守り。
これは地面に埋まってるバージョン。


子どもたちが楽しそうに飛び込んでいました。
これ、港の中です。
普通、港ってのは油やゴミが浮いてたりしてあまりきれいではないもんですが、ここは泳ぎたくなるほどきれいでした。

港からちょっと歩くと…


お、泳ぐのによさそうな場所が。


いやぁ、水がきれい。
ここにきて浮き輪大活躍
…と思ったら。


浮き輪のパンクが判明。
実はここに歩いてくる途中で浮き輪を岩にこすったらしいのですが、その時に穴が開いてしまったらしい。
KAOが右手でしっかりと浮き輪をつかんでいるのがおわかりでしょうか。
穴をふさいでいるのです。
どうやっても空気が抜けてしまうことが避けられないことがわかったらしく…


結局浮き輪無しで泳ぐことにしたようです。


KAOを知っている人にとっては衝撃映像なんじゃでしょうか。
カナヅチのはずのKAOが泳いでいる…。
ボクも初めて見た気がします。


というわけで、遊びまくり。


とぅ!


せーの。


とぉ!


いやっほーい。


じゃぽん。

結局ここで4時間くらい遊んでました。
海老塚くんはこの後ロドス島へ向かうとのことで、港でお別れ。


また1時間フェリーに乗って、カシュの街に戻ってきました。
いやぁ、楽しかった。


翌日は休息日として、宿でのんびり過ごしました。
この街で食べたものをざっと紹介。


チキンの煮込みとインゲンの煮込み。


マッシュルームと野菜の炒め物。


これは…何だったかな。
オムレツっぽい何か。
美味かった(気がする)。


暑さでぐったり。


…だらしなさ過ぎやしないか。


さぁ。
3度目の訪問となったトルコを離れ、シリアへ向かいましょう。

カシュから国境に近いアンタクヤという街へ向かうわけですが、アンタクヤへのダイレクトバスがないので、まずは途中にあるアンタルヤという大きな街へ向かいます。


途中で見かけたマンション。
軍事基地並みのアンテナの数ですな。
しかも意外と向きがバラバラ。

4時間ほどでアンタルヤに到着(18TL、約1080円)。
アンタルヤのオトガル(バスターミナル)で探したところ、HASというバス会社の17:00発アンタクヤ行き夜行バス(45TL、約2700円)がありました。


オトガルで話しかけてきた、人懐っこいトルコ人と。


所要13時間ほどで、翌朝アンタクヤのオトガルに到着。
寝ぼけながら客引きと話していると、同じHASというバス会社の9:30発シリア・アレッポ行きの国際バスがありました(10TL、約600円)。

出発までしばらく時間があったので、両替をしたり、シリアからやって来た日本人旅行者と情報交換したり。


いざ、シリアへ。
次回からは中東編が始まります。


小ネタを一つ。


あわててテレビの画面を撮ったのでブレブレですが、これはサッカーの国際試合の模様です。
白い方がトルコらしいのですが、なにやら頭にかぶっているのがわかりますかね。
これ、実は女子サッカーの試合なのです。
イスラムの国の人はサッカーの試合でも被り物をしなきゃいけないんですね。
暑そう。

[PON]

ギリシャ版青の洞窟・前編。

  • 2010/11/12(金) 06:38:20

<現在、エジプト・カイロにいます。ふたりとも健康です。>
*2010年8月26日〜27日の日記*

無事にバフレイヤ砂漠ツアーから帰還しました。
満天の星空の下…寒くて震えてきました。
砂漠の夜、侮りがたし。
というわけで、KAOのお姉さんのエジプト滞在もあと1日となりました。

たくさんのコメントやメール、ありがとうございます。
落ち着いたら、ちゃんと返信しますので。



さてさて。
見ごたえのあったエフェス遺跡を後にして、次なる目的地カシュへ移動することにしましょう。

カシュ行きのバスチケットは前日にセルチュクのオトガル(バスターミナル)で買いました(42TL、約2520円)。
買った時にはカシュまでのダイレクトバスだという話だったのですが、実際はフェティエという街で乗り換えでした。



まずはフェティエへ。
セルチュクからフェティエまで5時間ほど。



フェティエで乗り換えたのはこんな中型バス。
このバス、いろいろありました。


スピード違反でとっ捕まったり(写っているのはパトカー)。
エンジントラブルで修理のために止まったり。
後半はエアコンが効かなくなったので、前後のドア全開のまま走り続けました。

結局フェティエからは3時間ほどかかってカシュに到着。
カシュのオトガルには予約してたホテルの人がいて、迎えを呼んでくれました。


カシュでの宿はAtes Pension
ネットで予約したところ、トイレ・シャワー共同のドミトリーで朝食付きで1泊13ユーロ(約1430円)でした。


ドミトリーはこんな感じ。
ビルの屋上に増設されたような建物でしたが、ガンガンにエアコンが効いていて快適でした。


晩飯探しを兼ねて、街散策へ。


カシュは背後に山が迫る小さな街でした。
この街ではダイビングやパラグライディングが楽しめるそうです。


ここもエーゲ海リゾートの一つらしく、おしゃれなレストランやカフェが立ち並んでいました。


雰囲気のいいペンションですなぁ。


夕暮れ。
向こうに見えるのはギリシャ領のメイス島です。


高そうなレストランが立ち並ぶ中、比較的安めのロカンタ(食堂)を見つけることができました。
久々にトルコらしい料理にありつけて満足。
この他にスープを頼み、パンやサラダが付いて1人当たり7.5TL(約450円)でした。

ボクらがこのカシュという小さな街へやって来たのには理由があります。
先ほど遠くに見えたギリシャ領メイス島にある『青の洞窟』へ行くことです。
『青の洞窟』というとイタリアのカプリ島が有名です。
ところがその本家の方は水位が高かったり波が高かったりして、入れないことが多いらしいのです。
おまけに値段も高いので再チャレンジしにくいし、有名観光地であるため観光客も多い。
ところが。
こちらメイス島の方は波が高くてボートが入れないような時は泳いで入らせてくれるらしいのです。
しかもあまり有名ではないので、人も少ない。
というわけで、ボクらはメイス島の『青の洞窟』へ行くことにしたわけです。

ただ一つ、大きな問題が。

KAOはカナヅチ。

せっかく洞窟の目の前まで行っても、泳げなければ入れずに帰ってこなければならない可能性があります。
というわけで、この日散策ついでに浮き輪を購入してきました(10TL、約600円)。
ところが宿に戻ってから、試しに膨らませてみたところ…なかなか膨らまない。
ふたりがかりで1時間ほどかけて、やっと膨らますことができました。
これでは「さぁ、泳いで行きなさい!」と言われてから膨らませたのでは、どう考えても間に合わない。
よってもう浮き輪はこのまま膨らませた状態で持って行くことにしました。
というわけで…


…大丈夫か、37歳。
翌日の遠足が待ちきれなくて、前夜からリュック背負ってテンション上がっちゃってる小学生状態ですな。
どんだけ楽しみなんだよ。


さて、翌朝。


レセプションやレストランは屋上にあります。
WiFiも飛んでるし、くつろげるスペースもあっていい感じでした。
エーゲ海を眺めながらの朝食、いい感じです。


で、ここの朝食が素晴らしくて。
ご覧のように、バックパッカーにとってはありがたいビュッフェスタイル。
しかもメニューが豊富。


パン数種、シリアル数種、チーズ数種、サラダなどなど。
コーヒー、紅茶、ミルクも飲み放題。
特にモッツァレラチーズが美味くて。
トマトにはさんで食いまくりました。


さぁ、メイス島へ向かいましょう。
カシュからの往復のフェリーは前日のうちに宿で申し込みました(週末は出ていないこともあるらしいので注意)。
往復で40TL(約2400円)。
すぐ近くとはいえ島はギリシャ領なので、パスポートにトルコの入出国スタンプが押されます(ただし、なぜかギリシャの入出国スタンプはなし)。


先ほどお伝えした通り、浮き輪を膨らませたままで行かなければならないので、宿からこの状態。
欧米人の視線浴びまくり。
後ろに写っているのはドミトリーで同じ部屋になった海老塚くん。
一緒にメイス島へ行くことになりました。


メイス島行きのフェリー。
ちなみに行きは10:00発、帰りは15:30発です。


フェリーの上はこんな感じ。
デッキの上にクッションがたくさん散らばっています。


さぁ、出航!

で、1時間ほどでメイス島に到着。


メイス島の港。
トルコの街並みとは雰囲気が違って、建物がカラフルですねぇ。


港でボートタクシーをチャーター。
1艘30ユーロと聞いていたのですが、40ユーロまでにしか下がりませんでした。
3人で割って、1人当たり13.3ユーロ(約800円)。
しっかりしたゴムボートにエンジンが付いているような感じのボートです。


いざ、出航!


思ったより早くて、かなり楽しい。
ボート代高いなーとは思ったのですが、ボートだけでもこれだけ楽しめたので、あのくらいの値段払ってもいいかも。
しかもめっちゃ水がきれいだし。


島の大半はこんな断崖絶壁に囲まれています。


ボートで島の裏側までぐるっと回りこみます。
所要15分ほど。
すると…


見えてきました。
あれが『青の洞窟』の入り口です。

さぁ、洞窟の中へ!


…長くなるので、続きは次回。

[PON]

古代ローマ遺跡とビールの関係性について。

  • 2010/10/28(木) 18:16:38

<現在、エジプト・カイロにいます。ふたりとも健康です。>
*2010年8月22日〜25日の日記*


先ほど、風呂上りにホテルのベランダ(8階)でパンツ一丁でカイロの街並みを眺めていた時、ふと「あぁ、遠くまで来たんだな〜」と感じました。
何ゆえそのタイミングで感じたかは不明。


さて。
やって来ました、3度目のトルコ
マルマリスの港に着いたところ、予約していた宿Maltepe Pansiyonの従業員が出迎えてくれました。
ラッキー…と思ったら、別に宿まで車で連れて行ってくれるわけではなく、場所だけ教えてくれて歩いて行けとのこと(っていうか、バイクで来てた)。
なーんだ。
ちなみに歩いたら20分以上かかりました。


エアコン・シャワー付きのツインルームで1泊1部屋28ユーロ(約3080円)。
トルコとしてはかなり高いですが、このシーズンだし、加えてここマルマリスはエーゲ海リゾートの一つらしいので仕方あるまい。
1泊で出るのはもったいないくらいのいい宿でした。

そしてもう一つ、この宿には…


これがいる。
スーパーデブネコ。


アザラシみてぇだな。


転がしてみた。


意外と軽快に立ち去っていきました。


結構時間が遅くなってしまったし、疲れて探し回る元気もなかったので、この日は宿の人に勧められた店で晩飯。
久々にしっかりと肉を食った気がする。


はい、というわけで翌朝。
再々トルコでの最初の目的地セルチュクへ向かいましょうか。
バスチケットはマルマリスの街なかにバスオフィスが数件並んでいるところがあるので、前日のうちにそこで購入しました。
そこで(そんなにいるとは思えないけど)マルマリスからセルチュクへ向かう方へ、一つ注意点が。
「Pamukkale」というバス会社ではセルチュクへのダイレクトバスがあるそうです(値段は知らん)。
ボクらはそれを知らなかったため、マルマリスからアイドゥンという街までのバスチケットしか買えず、アイドゥンで乗り換えることになりました。
値段はそっちの方が安いのかもしれないけど、楽に行きたい方はご検討を。

マルマリスのバスオフィスからオトガル(バスターミナル)まではセルビス(無料送迎ミニバス)で。
そこから大型のバスでアイドゥンまで約3時間(20TL、約1200円)。
アイドゥンのオトガルに着くかと思いきや、よくわからない道ばたで降ろされました。
ここどこ?と思っていたところ1人のおっちゃんが現れ、ボクらをオトガルまで先導してくれたと思ったら(徒歩5分くらい)、颯爽といなくなってしまいました。
…あの人は誰?バス会社の人?
ま、とにかくアイドゥンに無事到着。

オトガルでひと休みしていたら、トルコ人の兄ちゃんが新聞を広げながら話しかけてきました。
言葉はよくわからないけれど、どうやらサッカーくじをどうやって買うか悩んでいるようだったので、適当にこれはこっちが勝つ、これはこっちが勝つと助言(?)すると、えらい喜んで「お前の言うとおりに買うよ!」と言っているようでした。
当たったのかなー、あれ。


アイドゥンのオトガルでセルチュク行きのミニバスに乗り換え(6TL、約360円)。
よく見ると、車体の横に「FIRST CLASS」と書いてあります。
ま、言ったもん勝ちだな(まったくもってファーストクラスではなかった)。

1時間ちょっとでセルチュクのオトガルに到着。
オトガルには泊まろうと思っていた宿Vardar Family Hotel Pensionの人が来ていました。
通称アヤちゃんといって、少しだけですが日本語を話すことができます。
『地球の歩き方』にもアヤちゃんのことが書いてあるのですが、名前からてっきりかわいい女性を想像していたところ…がっつり、おばちゃんでした(←悪意はない)。


アヤちゃんに連れられて宿へ。
シャワー・トイレ共同、朝食付きで40TL(約2400円)と、ハイシーズンとは言え結構高めだったのですが、エアコン付きという誘惑にあっさり負けてしまい、チェックインしました。
だって、暑いんだもん。


セルチュクは地中海沿岸で有数の規模を誇る古代都市遺跡エフェスへの起点として多くの観光客が訪れるだけあって、安いロカンタ(食堂)を見つけることができませんでした。
よってこの日は宿の近くのレストランへ。
写真のメニューで24TL(約1440円)。
高かったけど、美味かった…様な気がする(←昔のこと過ぎて覚えていない)。


翌日。
今日はエフェス観光へ。
まずはその前に朝食。


朝食は眺めのいい屋上で取ることができます。


こんな簡単な感じの食事ですが、さすがはトルコ。
パンが美味い。


さて、エフェス遺跡へ向かいますか。


何だ、この鳥。
結構でかいのがわかりますかね。
周りの人が驚いてないとこ見ると、この鳥がそこら辺を歩いているのは珍しいことじゃないんでしょうね。
で、この日の夕方、別の場所でこの鳥を見かけました。


遺跡跡の柱の上に巣があるのがわかりますかね。
コウノトリでした。


ローリング・ストーンズ風ライオン。


セルチュクの中心部から15分ほど歩いたところにアルテミス神殿跡があります。
紀元前7世紀頃から建設が始まったこのアルテミス神殿。
建設期間約120年、高さ19m、直径1.2mの円柱を127本持つこの神殿は、古代の世界七不思議の一つに数えられました(他にはこの間のロードスの巨像とか、ギザのピラミッドとか、バビロンの空中庭園とか)。
7回破壊され、7回再建されたのだそうですが…現在は手前に見える円柱が虚しく1本立っているだけです。
向こう側に見えるのはイーサーベイ・ジャーミィ、聖ヨハネ教会(12使徒の1人ヨハネがマリアとともに晩年を過ごした場所)、そしてビザンツ時代の城塞です。


エフェス遺跡までは歩いて行けるとのことだったので、こんな道をてくてく。
途中に健康器具的なものがあったので…


当然、やってみました。←無駄な体力の浪費

エフェス遺跡が…遠いんですけど。
そこで『地球の歩き方』を持って、セルチュクの中心部から歩いてエフェス遺跡まで行こうと思っている方々へアドバイス。
あの地図の縮尺はおかしい!!
セルチュク中心部から西の方へ伸びている道から左へ曲がることになっていると思いますが、その曲がり角は地図よりも全然遠いです。
途中で何度引き返そうと思ったことか。
のんびり歩いて行くと遺跡まで軽く30分以上はかかるので、そのつもりで。
ちなみにボクらは途中で親切なトルコ人が車に乗せてくれたので、ちょっと楽することができました。
ありがとうございました。


さぁ、やっと遺跡見学開始です。
エフェス遺跡の入場料は20TL(約1200円)。
この後写真で見ていただけるとわかるように、ここはローマ時代のひっじょーに素晴らしい遺跡なのですが、世界遺産には登録されていません。
なぜ?


遺跡に入ってちょっと歩いたところで、小芝居的なことをやっていました。
当時はこんな感じでしたよー、ってところだと思います。
暑いのにご苦労様です。


こちらは当時のお店屋さんの再現かな。
皮革屋さんですかね。
暑いのにご苦労様です。


この遺跡はどでかい街並みが丸々残っているような感じなので、それこそ見どころが山のようにあります。
その内いくつかをかいつまんで紹介します。
ちなみに写真はアルカディアン通り
港から大劇場を結んだ大理石の道路で、沿道には商店が並び、街灯も灯されていたんだそうです。


アルカディアン通りの先にあるのが、ピオン山に沿って造られた大劇場です。
最大収容人数24000人。
4世紀頃には剣士対猛獣の闘いが行われたのだそうな。
ちなみににこやかに座っているように見えますが、ケツが熱いです。
っていうか…黒いなぁ、オレ。


ケルルス図書館
これは素晴らしい。
この遺跡で最大の見どころかも。
正面には知恵、運命、学問、美徳の4つの意味をそれぞれ象徴する女性像があるのですが、ここにあるのは複製で、オリジナルはウィーンの博物館にあるんだそうです。


1970年代に修復されたものだそうですが、それにしても美しい。
ここには12000巻の書物が所蔵されていたんだそうです。
ちなみにこの向かい側には古代の娼館跡があります。
大きな通りの交差する、絶好のロケーションにあるんだそうな。


これは公衆トイレ
お隣さんが丸見えです。


これはハドリアヌス神殿


この神殿の入り口にある門のアーチ部に描かれているのはメドゥーサです。
蛇というより脳みそがはみ出ちゃったように見える。


ヘラクレスの彫刻が施された左右対の門。


この勝利の女神ニケのレリーフは、本来ヘラクレスの門のアーチとして飾られていたものだそうです。


ここまでで紹介したものをはるかに上回る数の建物やら何やらが残されていました。
そりゃあ、こんなに観光客が訪れるわけだわ。


だいたい2時間くらいで遺跡探検終了。


帰りはまた徒歩…と思っていたら。


通りかかった兄ちゃんがバイクに乗せてくれました。
おぉ、優しい人だなーなんて思っていたのです、が。
降ろしてもらった後に聞いたら、こいつ、空いている手でKAOの体を触りまくっていたそうな。
なんてヤツだ!
これだからイスラムの男は…。
(もちろん全員ではないが、イスラム教の男性は異教徒の女性に対しては何をしてもいいと思っているけしからん輩が多いらしい。)


結構疲れたので、この日の午後と翌日は宿でのんびりと過ごすことにしました。


宿のベランダにて。
トルコで有名な『エフェスビール』。
ビールの名前になるほどの遺跡っていうことですな。
500mlで150円くらいです。
美味いっす。


ピデ(写真右)とラフマジュン(写真左)。
どちらもトルコ風のピザみたいなもんです。
というか、レストランが高いのでこんな感じのものしか食えん。
1枚2〜4TL(約120〜240円)くらい。


あ、そういえばトルコも真夏は非常に暑いです。
遺跡見学の際は帽子か、もしくは…


こんなものが必要だと思われます。

[PON]