天空の鏡〜ウユニ塩湖・その1。

  • 2011/02/28(月) 12:31:03

<現在、ボリビア・ラパスにいます。ふたりとも健康です。>
*2011年2月10日の日記*


まだボリビアラパスにいます。
南米三大祭の一つであるオルーロのカルナバル(3/5〜6)を見に行くことにしたので、まだまだラパスでのんびりします(ちなみにあとの二つはリオ・デジャネイロのカーニバルとクスコのインティライミ)。
同行者、絶賛募集中。

っていうか、毎日雨ばっかりで寒い!
まぁ、標高も高いし(約3650m)、雨季真っ只中だから、当たり前っちゃあ当たり前なんですが。
飯食いに行くのも面倒になるほど寒いっす。

予告通り、いろいろと大幅にすっ飛ばして、ウユニ塩湖についての日記を先に書きます。
この長い旅の中でもトップレベルに感動し、楽しかったこのイベントを、今書き残しておきたいなー、と思いまして。
このブログが実際の行程に追いついた段階で、再度アップし直す予定です。

にしても…写真が多すぎる!
うれしい悲鳴ではありますが、写真の選別をするだけでえらい時間がかかります。
しかも本当にいい写真ばかりで、削るには惜しいものだらけ。
紹介し尽くしたいのは山々なのですが、1000枚とかのっけるわけにもいかないし…。
希望者にはどこかでお会いした際に、吐くほど見せてあげます。

ウユニの日記に関しては、ボクらが撮った写真だけでなく、塩湖で一緒だったみんなの写真も使わせてもらいます。
っていうか、むしろボクらの写真の方が少ない…。
だって、みんなの写真の方がきれいなんだもん!
改めて、コンパクトカメラと一眼の実力の差を思い知らされました。
この場を借りて、改めてお礼。
みなさん、ありがとうございます。



と、いうわけで。←前の記事と上手くつながるであろう魔法の書き出し
待ちに待った、念願のウユニ塩湖ツアーへ!!

まず、ウユニ塩湖とは何ぞや。
むかーしむかしのそのむかし、ここアンデス山脈は比較的短時間に海中から隆起して形成されたのだそうな。
このため、大量の海水がそのまま山の上に残されることとなり、さらにこの辺りは乾燥した気候であったこととウユニ塩湖が流出する川を持たなかったことにより、近隣の土壌に残された海水由来の塩分も集まって干上がることになったそうな。
こうして形成されたのが世界でも類を見ない広大な塩原、ウユニ塩湖である。(出典:Wikipedia)
ちなみに学術的には「塩湖」ではなく、「塩原」と呼ぶのが正しいらしい。
普段は水無いからね。

ボクらが世界一周の旅に出ると決め、いろいろと調べているうちに出会ったのがこのウユニ塩湖の写真。
乾季には見渡す限りの白い世界になるのだが、雨季の写真を見た時にふたりとも心を奪われた。
(これからお見せすることになるのだが)とにかく目を疑うばかりの光景が映し出された写真を見た瞬間から、「雨季のウユニへ!」はボクらの旅の大いなる目標の一つになった。
以前にも書いたように、これを見るためにアフリカを丸ごとすっ飛ばしてここまでやって来たわけである。

ところがここには大きな難題が。
ボクらが見たいのは水がたまっている晴れたウユニ塩湖(基本的には雨季にしか水がたまらない)。
しかし今は雨季。
つまり1年中で一番天気が悪い時期
来る前は「雨季に行きゃあ、あの景色が見られるんだー」くらいに思っていたのだが、よく考えたら雨が十分に降った後で、しかも晴れていて、さらに風もないという、ほとんど奇跡のような状態でなければあの光景には出会えないという事実に改めて気付かされたわけである。
さぁ、我々の日頃の行いは吉と出るか凶と出るか…。


さて。
ツアーを申し込んだのは、泊まっていたAvenidaという宿の隣りの隣りにあるBrisa Tours
ちょっと値切って、1泊2日で370Bs(約4340円)。
結果的にはここで頼んで大正解
オフィスの人もドライバーもめっちゃいい人だったし、逆ギレされてもおかしくないようなボクらのめちゃくちゃのわがままもイヤな顔一つせずに聞き入れてくれたし。
おすすめ!!


ツアーオフィスの前に続々と人が集まってきた。
と思ったら…去年の9月にヨルダンのアンマンで会ったヒデくんがいる!
あの時はほんのちょっとしゃべっただけだったんだけど、「ウユニで再会できたらいいねー!」なんて(半分社交辞令的に)言ってたら、ほんとに会えたー!
こんなこともあるんだなー。

結局、13人の日本人と数人の外国人とで、3台のランクルに分乗して、10時半にツアースタート!
最近の中では比較的いい天気である。


まず着いたのは「列車の墓場」。
文字通り、使い古された列車が放置されている所。
ウユニ塩湖を目指す人々にとって、ここはただのオプションでしかなく、さらっと見てすっ飛ばすようなところなのだが…


みんなおおはしゃぎ
言ってみればただの鉄くずなんだけど、何だかカッコイイ。
思った以上にテンションが上がった。


スタンド・バイ・ミー風。


列車自殺。
走馬灯で人生を振り返っているあたりですかな。


移動中、野良リャマ(←言いにくい)を発見。
いまいちアルパカとの違いがわからんが、ちょっと調べてみた感じだと、たぶんリャマの方。


小さな村に到着。
おみやげ屋がずらりと並んでいたが、ウユニの街よりはちょっと安め。
というわけで、みんなボリビアっぽいズボン(通称ボリパン)やボリビアっぽい帽子(通称ボリハット…とは言わない)なんかを買っていた。
つられてKAOもボリパンをお買い上げ(値切って40Bs、約470円くらい)。
ちなみに真ん中の人がはいているのが、いわゆるボリパン。


この村のもう一つの重要な産業がの生産。
周りに原料が山ほどあるのだから、当然っちゃあ当然か。
国内のみならず、国外にも輸出しているそうな。


おっちゃんが塩の精製方法なんかについて説明…してくれていたっぽい(スペイン語でよくわからず)。
出来立ての塩が1袋(500g)1Bs(12円弱)で売られていた。
ちなみにタダトモくんはそれをおみやげとして10袋買って(120円弱)日本へ送ったら、送料が5000円近くかかったらしい(笑)。
ちなみに言えば、ラパスの街なかでは1袋0.5Bs(60円弱)で売られていたりして。

車へ戻ると…何やら鳴き声が。


カメラケースから子ネコが這い出してきていた。
一緒に車に乗っていたアルゼンチン人のカップルが、旅行中にどこかで拾ってきたものらしい。
うーん、かわいすぎる。
ところで肉とか食わせてたけど、ミルクじゃなくて大丈夫なのか?


というわけで、塩湖の端っこに到着。


ここからはみんなランクルの上に乗っかって移動。
テンション上がりまくり。
ちなみに車の手前に立っているのが、ドライバーであるジョニー
めっちゃいいヤツ。


Let's go!
見ての通り、背後からは今にも雨を降らせそうな雲が迫ってきていたのだが、前を見ると…


キターーーーーーー!!
すごすぎる。
これぞ夢にまで見た鏡張りのウユニ塩湖
みんな「すげー!」とか「やべー!」とかしか言葉が出ない。


どっちを向いてもこんな景色が広がっている。
鳥肌立ちまくり。
雲が水に映って、天と地の境目がわからん。


このウユニ塩湖は高低差が50cmしかないらしく、世界でもっとも平らな場所でもある。
そのため、雨季に雨により冠水すると、湖全体が巨大な鏡のようになってしまうのである。
まさに天空の鏡
あぁー、生きててよかったー!
この景色を見るために旅に出て、そしてはるばるボリビアまでやって来た、と言っても過言ではないかも。
水鏡の上を疾走する車の上で、そんなことを考えていた。
それくらいの素晴らしい光景。
いやー、本当に来てよかった。

この辺りで撮ったものを初めとして紹介したい動画もたくさんあるんだけど、ブログでアップするには容量がでかい…。
編集の仕方とかもよくわかんないし。
You Tubeとかニコニコ動画とかでアップすればいいんだろうけど、それもよくわかんないので、そのうち…アップするかもしれないし、しないかもしれない。

20分ほど走ると見えてきたのが…


これ。
見渡す限りの鏡張りの湖の真ん中にぽっつーんと建っているのが、今日の宿であるPlaya Blanca
塩でできたホテルである。
中に入ってみよう。


塩のブロックを積み上げて造ってあるらしい。
壁も塩。
柱も塩。
テーブルもイスも塩。


何だかよくわからない像も塩。


ベッドも塩。
布団は…さすがに塩じゃない。
一安心。

べとべとしないの?って質問があったが、基本的にはここは乾燥した土地だし、気温も低いので、むしろさらっさら。
それでもいつかは風雨にさらされて、浸食されちゃうんだろうなぁ。
ちなみにこのホテル、水は一切出ない。
シャワーを浴びることもできなければ、顔を洗うこともできないのだが、たった1泊や2泊程度のことなんで問題なし(トイレを流すのは汲み置きの水)。
そんな欠点を補って余りあり過ぎるほど素晴らしい環境にこのホテルがあることはおわかりいただけると思う。

ちなみにこんなホテルに(好き好んで)泊まるのは日本人か韓国人くらいのものなんだそうな。
他の国々の人たちは見学には来るものの、泊まるのは塩湖の淵にある(もっと高級な)ホテルらしい。
塩湖の内部に建っているのは(たぶん)このホテルだけ。
つまりここに泊まっている人だけがこのぐるり360度の景色を独り占めできるわけである。
シャワーがないことくらい、何でもない。


というわけで、昼食タイム!


飯はあまり期待しない方がいいというような噂を聞いていたのだが、なんのなんの。
美味いし、量も結構ある。
ツアー会社の当たりがよかったのかな。
それにしても、あんまりこういう切り方のスイカを見たことがない気がする。


さぁ、外へ出てみよう!


ちょっと雲が増えてきたけど、まだまだいい感じ。
昼間は水もそんなに冷たくない。
というか、ものすごく浅い(5cm程度)ので日光ですぐ暖まるのかな。


ふたりでジャーンプ!


みんなでジャーンプ!←ばらっばら


縦に並んでみた。


横に並んでみた。
ひとりだけ違うことしてる人がいるな。


バランスとってみた。
ひとりだけ塩の山から落ちてる人がいるな。


コウジくんリサさん夫婦がなぜか国旗を持っていた。
ホテルの外に立てられている日の丸がだいぶボロボロになっていたので、持ってきた日の丸にみんなで寄せ書きして立てようということになった。


日の丸とともに(変顔バージョン)。
ヒデくんの顔、マンガみたいだな(特に口)。
国旗掲揚は翌日ということになった。

そうこうしているうちに…


外を見ると、ものすごい天気になっていた。
風は強いし、雨雲は一面に広がっているし、太陽なんてどこ行ったのやら。


することもなくなったので、みんなでおしゃべり。
ビール飲んでる人もいたな。
たしか大瓶で15Bs(180円弱)だったはず。

そうこうしているうちに…


夕焼けターイム!
みんなすごいはしゃいでいるように見えるが、実際これくらいテンション上げないと、寒くてやってられん。


何だか不思議な夕焼け。
やっぱり空が湖面に移るので、上下対称の風景。


湖面に沈む直前、太陽がちょっとだけ顔をのぞかせた。


お、雷。


はっきり言って天気はものすごく悪いんだけど、ここで見る夕焼けはやっぱり特別だった。
当たり前なんだけど、この瞬間は一回きりのものなんだろうなぁ。
こんな旅に出られたことに、改めて感謝


そんなわけでウユニ塩湖・その1はこれにて。
まだまだ続きます。

[PON]

[リアルタイム情報]ボリビア・ポトシにいます。

  • 2011/02/18(金) 09:02:59

現在、ボリビア・ポトシにいます。

ふたりとも健康です。

今いるポトシ標高約4070m
ガイドブックによれば、ボリビアで、そして世界で最も高い位置にある都市なんだそうです。
ちょっと興奮してしゃべるだけで息が切れます。

前回のリアルタイム情報はウユニの街に着いたところまででしたな。
数日天候の様子を見た後、1泊2日のウユニ塩湖ツアーへ。
初日が天候が悪かったので、ウユニ塩湖の中にある塩でできたホテルに延泊することにしました。
これが大正解!
この世のものとは思えない素晴らしい景色を堪能することができました。
そして何より、たまたま地球の裏側で集まった16人ほどの日本人メンバーが素敵な奴らで。
ものすごい景色と愉快なメンバーのおかげで、本当に素晴らしい体験をすることができました。
みんな、本当にありがとう!
幸せな3日間だったねー。

というわけで。
この覚めやらぬ興奮を今のうちに記しておきたいと思い、かなり順番が前後することになりますが、ウユニに関する日記を先に書くことにしました。
やっぱり時間はかかると思いますが、近日中にはアップできると思いますので、暇な方はご覧下さい(って、まぁ、今から書くんだけど)。
ちなみに。
最後にみんなで写真の交換をしたんですが、その量なんと23GB!4436枚!
アホかー!
写真のセレクトだけで、いったいどれだけかかんだよ…。
あ、最初にお断りしておきますが、ボクのカメラはあんまりいいものではないので、ブログではウユニで一緒だった仲間が撮った写真もたくさん使わせていただくことになると思います。
どうかご了承下さい。

じゃあ、ウユニ塩湖の写真をちらりと1枚だけ。


一応、車の上にボクらが上に乗ってます。

[PON]

[リアルタイム情報]ボリビア・ウユニにいます。

  • 2011/02/10(木) 00:40:45

現在、ボリビア・ウユニにいます。

ふたりとも健康です。

ボクらにとって37ヶ国目となるボリビアに入りました。
そしてこの長い長い旅の中で、唯一来る時期を決めていたウユニまで無事辿り着きました!
ボリビアは現在、雨季の真っ只中。
この雨季にボリビアにやって来た理由はただ一つ。
鏡張りのウユニ塩湖を見るためです。
天候を見計らって、近日中に塩湖へ行ってきます!


前回のリアルタイム情報はアルゼンチン・プルママルカまでだったので、その続きから。

世界遺産であるウマワカ渓谷にあるプルママルカで七色の岩山を眺めながらトレッキングを楽しんだ後、ラ・キアカ〜ビジャソン国境を越えて、ボリビアに入国。
一気に標高3000mほどにあるトゥピサという街に辿り着きました。

ボリビアに入ったとたん、一気に物価が下がりました。
宿はシャワー共同のツインルームで1泊530円くらい。
夕食も1人200円以下で、しかも美味い。
タバコも安い。
そしてインディヘナの人たちは気さくで優しい。
ボリビア素晴らしい!

トゥピサではホーストレッキングを楽しんできました。
馬に乗って渓谷を歩き回る(たまに走る)のですが、5時間で1800円くらい。
安いなー。

トゥピサからの道は雨季のために何ヶ所も川で寸断されていて、バスでその中を突っ切ってきました。
で、何とかウユニに到着。
ここは標高約3660m。
ちょっと階段を上ったりすると、息が切れます。

この旅の間に会った人々の多くが、このウユニの雨季を目指して続々と集まってきています。
既に12人と再会しました。
これからもまだまだ会えそうです。
みんな、待ってるよー!(アベニーダに泊まってます)

さぁ、鏡張りのウユニ塩湖へ!
めっちゃ楽しみだぁー!

それにしてもネット環境が悪い!
メールの返信やコメント返しは少々お待ち下さい。

[PON]

[リアルタイム情報]アルゼンチン・プルママルカにいます。

  • 2011/02/04(金) 06:23:13

現在、まだアルゼンチン・プルママルカにいます。

ふたりとも健康です。

すっかりご無沙汰してしまいました。
今、昼間っからビールなんぞ飲みながら、これを書いています。


前回のリアルタイム情報は(ほぼ)地球最南端の街ウシュアイアでしたので、その後についてざっと報告します。

年明け早々にアルゼンチン・ウシュアイアからチリを経由してエル・カラファテへ移動。
ここから世界遺産にも登録されているロス・グラシアレス国立公園にあるペリト・モレノ氷河を見に行きました。

次にエル・チャルテンへ移動し、トレッキングがてら同じくロス・グラシアレス国立公園内にあるフィッツ・ロイを見てきました。
フィッツ・ロイはアウトドアメーカーPatagoniaのマークにある、あの山です。

エル・チャルテン
からエル・カラファテへ戻り、次はチリのプエルト・ナタレスへと移動し、楽しみにしていたパイネ国立公園でのトレッキングへ…行くつもりだったのですが。
ストライキのおかげでチリへ入国することができず、泣く泣くパイネでのトレッキングは諦めることにしました。
というわけで、エル・カラファテから一気に北上して、プエルト・マドリンへ。
これまた世界遺産の一つであるバルデス半島ツアーへ行ってきました。
ここではマゼランペンギンやゾウアザラシ、オタリア、グアナコ、マラなどといった珍しい動物三昧でした。

その後、アルゼンチン有数のリゾート地であるサン・カルロス・デ・バリローチェへ移動し、『南米のスイス』と形容される美しい景色を堪能しました。


バリローチェ
からチリへと入国し、オソルノ経由で一気に北上。
首都サンチアゴも経由して、ビーニャ・デル・マルへと移動しました。
ここでの楽しみは居心地の良い日本人宿汐見荘と海鮮三昧の日々!
毎日いそいそと市場へ出かけては、サケ、レイネッタ(タイっぽい魚)、アジ、アサリ、ムール貝、エビなんかを買い込んできては、刺身だー!焼き魚だー!炊き込みご飯だー!スープだー!などと、海鮮漬けの毎日でした(最終的には魚に飽きた)。
ビーニャからは、その街並みが世界遺産にも登録されているバルパライソへも出かけてみました。

汐見荘で長居した後(9泊もしてしまった)、三たびアルゼンチンへ。
メンドーサ
を経由して、ラ・リオハへ移動。
ここでは世界遺産であるイスチグアラスト州立公園&タランパヤ国立公園へツアーで行ってきました(高かったー)。
ここは中生代の三畳紀にあたる、何千万年にわたる断層が露出した、世界唯一の場所と言われており、地球の原風景を眺めることができるところです。

そしてラ・リオハからさらに北上。
サルタ
サン・サルバドール・デ・フフイの街を経由して、今日プルママルカに到着。
ここは世界遺産に登録されているウマウアカ(ウマワカ)渓谷にある小さな街です。
ウマワカ渓谷は南米のグランドキャニオンとも呼ばれ、その山肌は(文字通り)七色のグラデーションになっています。
明日あたり、そこら辺にトレッキングにでも行ってみようかと思っています。


そんな感じです。
ウユニ入りは2月8日前後になるかなー。
旅人のみなさん!
会えるのを楽しみにしてますよー。

ブログ本編の方は…まぁ、ぼちぼちと。

[PON]