だらだらイスタンブール。

  • 2010/08/02(月) 06:40:49

<現在、クロアチア・スプリットにいます。ふたりとも健康です。>
*2010年7月18日〜25日の日記*


さてさて。
前回書いたように、今回のイスタンブール滞在の目的はルート検討と情報集めだったため、正直言ってほとんど出かけていません。
特別にしたことと言えば、ガイドブックのコピー、カメラの修理、メガネの修理ってところかな。

ガイドブックは東欧、中東、エジプトの分をコピーしたら…どえらい量になりました。
重いっす。
ちなみに1コピー0.05TL(約3円)、安いですな。

カメラは例のタイで気絶してしまった時にポケットに入っていて、そのショックで壊れてしまったものです。
放棄する(もしくは日本へ送る)かどうか迷っていたのですが、いつか修理しようと思って持ち歩いていました。
100TL(約6000円)もかかっちゃいましたが、ばっちり直りました。
しかも1時間くらいで。
トルコ人、やるやん。

メガネはどこでだったか忘れましたが、プラスチックのつるが真っ二つに折れてしまっていたものです。
ずーっと予備のメガネを使っていたのですが、ボクはめちゃくちゃ目が悪いので、もしもそっちも壊れたらと思うと気が気ではありませんでした。
数件メガネ屋を渡り歩いてみたのですが、ひと目見ただけで「無理。」と言われ続け、辿り着いたとあるメガネ屋。
何とかしてみようと言ってくれて、待つこと20分。
だいぶか弱い感じではありますが、何とか使用に耐える程度には直してくれました(10TL、約600円)。
おっちゃん、ありがとう。
とりあえずはこれで何とかなりそうです。


毎日の楽しみといえば、やっぱり食事です。
朝兼昼ご飯は節約のために自炊していました。
まぁ、自炊と言ってもサンドイッチとかパスタとかですけど。
比較的質素に安く済ませていた分、晩ご飯は毎日美味いものを食べていました。
前回の日記にも書いたように最初の3日間は元料理人のタムさんがいたので、彼の手料理をみんなで美味しくいただきました。


鳥飯とチキンスープとチキンサラダの鳥づくし。


鳥のすき焼き。


チキンカレーとサラダ。
いやぁ、どれもこれも美味かった。
ちなみに毎日鳥ばっかりなのは、安いからです。1羽丸ごとで4〜5TL(約240〜300円)だそうです。

タムさんがブルガリアへと行ってしまった後は飯を作る人がいなくなってしまったので、毎晩みんなで食堂通いになりました。


だいたい夜8時くらいになんとなく集まって、晩飯ツアーへ。
一番多い時は8人くらいいましたかね。


行きつけは通称「2リラロカンタ」、安くて美味いロカンタ(食堂)です。


ある日のメンバー。
みんな、よう食べますなぁ。


両国出身の不思議な2人組と一緒に。


宿の共同スペースにて。
前回滞在時と同様、今回もなかなかおもしろいメンバーでした。
毎晩ビールなんかを飲みながら、いろんな話をしましたなぁ。
旅の話はもちろんのこと、宗教についてなんて真面目な話をしたと思えば、47都道府県でどこが一番マイナーか(県名から連想するものがいかに少ないかを競う)なんて話もしました。
ちなみに一晩かけて検討した結果、マイナーな都道府県第2位は佐賀県、
そして堂々の第1位は…埼玉県という結論に達しました。
埼玉県が名所も名産も一番少ないと思うのですが、いかがなもんでしょう。


メンバーの一人、ゲンくん。
彼は東京のとある超有名美容室の美容師だったそうな。
お願いしてKAOの髪を切ってもらいました。インドで切ってもらって以来なので、実に4ヶ月ぶりです。
日本ではまず切ってもらうことはないような人に、無料で切ってもらうことができました。
ゲンくん、ありがとう!
馬が困った時はいつでも言って下さい。
ちなみにゲンくんは商売道具であるマイハサミを持ち歩いているのですが、お値段ウン十万円だそうな。
うひょー。

そんな感じで楽しい毎日を過ごしていたわけですが、みんな次の目的地に向かって出発し、徐々に減っていきました。


最初からいたメンバーで最後まで残ったのはボクらとフクさん。
フクさんはもう長いことあちこちを回っている旅人です。
本当におもしろい話をたくさん聞かせてもらいました。
旅話だけでなく、旧ユーゴスラビアについてとかイスラエル・パレスチナ問題とかについて解説してもらったりもしました。
勉強不足の我々にとっては非常に役立つ話でした。
フクさん!世界のどこかで、そして日本のどこかで必ずまた会いましょう!


そんなこんなで結局イスタンブールには8泊もしてしまいました。
相変わらず居心地のいい宿でしたなぁ。

さ、移動しましょう。
いざ、東欧へ!
次回はブルガリアの話です。

[PON]

この記事に対するコメント

やっと分かった

地図を見て、なんでブルガリアに行くかようやく分かった。
国境、地続きじゃん。知らなかった。
海を挟んでギリシャ、だと思っていた。知らないもんだな。
この前、知り合いにエストニアについて熱く語られたけど、
ちょっとそこに行くのは難しいかな。
すごい美容師さんに髪を刈ってもらえるのも世界旅行の醍醐味だねー。

>あっくん

ボクらも実際近くに来るまでどの国の隣がどの国かなんて、さっぱりわかんなかったよ。

>この前、知り合いにエストニアについて熱く語られたけど、
>ちょっとそこに行くのは難しいかな。

バルト三国に行った旅人も結構いるから、問題ないんじゃないのかな。

>すごい美容師さんに髪を刈ってもらえるのも世界旅行の醍醐味だねー。

旅をしているといろんな人に会えるのがおもしろい。

  • 投稿者: PON
  • URL
  • 2010/08/08(日) 18:38:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する