祈る。

  • 2011/03/14(月) 02:26:32

現在、ペルーリマにいます。

ふたりとも健康です。


一つ前の日記にも書いたように、ボクらはペルーのワカチナで、半日遅れくらいで日本の大地震の話を聞きました。

宿のおばちゃんが「ハポン、テレモト、テレモト」と言っていたのですが、ハポンが日本ということはわかったものの、テレモトの意味がわからずにいました。
その後も会う人たちは、ボクらが日本人だとわかると、「テレモト」を繰り返します。
そして道ばたで会った日本人から地震のことを知りました。
「テレモト」とは「地震」という意味だったのです。

あわてて宿に戻り、テレビで見た津波の映像に言葉を失いました。
車がおもちゃのように流されていくあの津波の中に人がいる…。
そしてネットでニュースなどを見て、地震の規模の大きさ、被害の状況に改めて驚かされました。


メールなどを通じて連絡を取ったところ、今のところ、KAOの家族やボクの家族、親戚一同の無事が確認できました。
しかしボクが生まれたのは岩手県盛岡市、小さい頃住んでいたのが宮城県仙台市と七ヶ浜町、そして8年間働いていたのが福島県天栄村。
どこも比較的被害の大きかったところばかりです。
親しかった人たちの無事は確認できましたが、おそらく、というか間違いなく多くの知り合いが被害に遭っているものと思われます。

でもとりあえず、ボクらは旅を続けることにしました。
ブログも書き続けます。
未だ地震による被害が収まらぬ中、こんな旅行記を書き続けているボクらを不謹慎だと思われる方もいるかもしれません。
でも、いつかこの日記や写真を見て、少しでも元気になってくれることを夢見て、ブログを書いていこうと思います。

結局ボクらは日本から遠く遠く離れた地球の裏側から、ボクらは祈ることしかできません。
笑いあったり、けんかしたり、一緒に遊んだみんなの、
そして東北地方を中心とした被災地に住んでいるみんなの無事を。

ワカチナは小さな街なのですが、日本からこんな離れた国のこんな小さな街の人たちも、日本での地震に心を痛め、本当に心配してくれています。
(以前に起きたペルーやチリ沖での大きな地震の影響も大きいようです。)
PCを使おうと思って行ったカフェでも、ボクらが日本人だとわかると、快く電源を使わせてくれたり、いろいろと気を使ってくれました。
そして出会った旅人の話を聞いたり、世界各地に散らばっている旅仲間のブログなんかを読んでも、本当に世界中の人たちがやはり心を痛め、心配し、そして被災者の無事を祈ってくれています。



まずはひとりでも多くの方が助かってくれることを、心から願っています。

今までボクらの旅の無事を祈ってくれたみんなに。
そして電気も水も食べ物も無く、痛くて苦しくて心細くて辛いみんなに。


世界中からの

そしてちっぽけだけれどもボクらからのこの祈りが

どうかどうか届きますように。


がんばれ、日本。

[PON]

地震。

  • 2011/03/12(土) 05:10:00

現在、ペルー・ワカチナにいます。

ふたりとも健康です。

遅ればせながら、半日遅れくらいで日本の大地震の話を聞きました。
あわてて情報を集めだしてみたところ、想像以上のものであることがわかり、みなさんの安否を心配しています。
特に東北を中心とした全国のみなさん、落ち着いてからで構いませんので、連絡を下さい。
このコメント欄でもメールでも何でも構いません。

心配しています。

こんな天気でテンションが上がらないわけがないのです。〜ウユニ塩湖・その3

  • 2011/03/08(火) 08:00:43

<現在、ボリビア・ラパスにいます。ふたりとも健康です。>
*2011年2月11日の日記*


ボリビアラパスにいます。
2泊3日で南米三大祭りの一つ、オルーロのカルナバルに行ってきました。
申し込んだツアー会社が思いの外ひどいところで、いろんなことがありましたが、祭り自体は存分に楽しんできました。
いつになるかはわかりませんが、後日報告します。
さぁ、次はナスカだー!


さてさて。
ウユニ塩湖ツアー2日目の続き。

昼ご飯を食べて、国旗掲揚をした後、塩湖ドライブに行くことになった。
本来ボクらは1泊2日のツアーに参加していたため、ツアー会社から迎えに来た2台の車でウユニの街に帰るはずだったのだが、16人中9人が延泊を申し出たため、事実上1台は空で帰すというめちゃくちゃなことになってしまった。
そんな話を上手く伝えてくれただけでなく、空いた車で塩湖ドライブまでしてくれるよう頼んでくれたのが、南北アメリカを長いこと旅していて、スペイン語が堪能なガンジさん
ありがとう!
それ以上に、そんなボクらのわがままを(たぶん)快く聞き入れてくれたドライバーのジョニー
ありがとう!


というわけで、塩湖ドライブへ行くぞー!


改めて、素晴らしい天気。
昨夜の夜の天気がウソのよう。


下を見るとこんな模様になっている。
乾季にできたひび割れなのかな。
ほとんどが五角形か六角形。
丸でも三角形でもなくこんな形になるのは、何か理由があるのだろうか。


こんな景色の中を、日の丸を掲げて走る。
青空が上にも、下にも。
今この目で見ているものを表現する言葉が見当たらない。
強いて言えば、「すげー!」(笑)。


疾走する車の上に立って日の丸を掲げていると、まるで天下でも取ったかのような気分になる。
車が揺れて落ちそうになると、我に返るけど。


こんなに気持ちのいいドライブ、今まで記憶にないかも。


サングラスの中にいるKAOたちまでいい笑顔。


こんな天気の中、こんな風景を目にして、テンションが上がらないわけがない。
いい大人たち、またもやおおはしゃぎ。


こっちもおおはしゃぎ。


そりゃあ、ジャンプもするでしょ。
とか言って、地味にテイク10くらい(笑)。


そしてまたしてもダイスケくんの素敵なジャンプ(前回のバレリーナ)。


ジャンプする人とジャンプする人を撮る人。


普段、日本の国旗って他の国のに比べてちょっと地味だなー、なんて思っていたんだけど、青空に一番よく映えるのは日の丸かも。
かっちょいい。


るん♪←36歳


日本の裏側で活躍するトヨタ車とともに。


このハイテンションドライブでみんなの気持ちが一気に変わった。
まさかの16人全員延泊希望(笑)。
このドライブに出る前に、最終的に延泊を希望するのは9人だということを散々念を押されたにもかかわらず、ドライブを終えてみたら…まさかの16人延泊希望。
さすがのジョニー(ドライバー)もこれには苦笑いだったそうな。
それでも最終的には、翌日の迎えの車代として1人55Bs(約645円、ジョニーたちへのチップ5Bs含む)を支払うということで、ボクらのこのめちゃくちゃな希望を聞き入れてもらうことができた(3泊4日のツアー中だったヨシさんだけは、残念ながら離脱することができなかった)。
ジョニー、ありがとう!
Brisa Toursは素晴らしい旅行会社だー!←宣伝
そしてこんな言いづらいことを先頭に立って交渉してくれたガンジさん本当に感謝してます!
みんなも思っていることだろうけど、ガンジさんがいなかったら、どうなっていたことやら。

実際、日程的にキチキチだった人もいたし、体調を崩していた人もいたのだが、このドライブを終えて全員が賭けに出たわけだ。
昨夜に見ることができなかった満天の星空を見ることができるはずだ。」という賭けに。
さてさて、ボクらの日頃の行いや、いかに。

かくして、ボクらを迎えに来たはずの2台のランクルは…空のまま帰って行った(笑)。


そういえば。


気付くと足がこんな風に。
足の毛に結晶化した塩が絡み付いているわけだな。
取る時、ちょっと痛い。


ほとんど寝ない状態ではしゃぎ続けていたので、さすがの大人たちも疲れが見え始めた。
ぼーっとしたり、昼寝をしたりして宿で時間を過ごしていたのだが、その間も写真のようにほとんど雲のない状態が続いた。
ただ一つ、夕方に向けて、徐々に風が強くなっていった。


そして夕日の時間だー!
外に出てみると…


か、風強ぇー(←みんな前傾姿勢)。


でかい男を風よけに使うの図。

そして午後6時ごろ…


日の入りだー。


喜びを全身で表現してみた。


映画のワンシーンみたいだな。


走る。
エンディングっぽい。
足跡が残るんだな。


サタデー・ウユニ・フィーバー(金曜日だったけど)。


昨日と同じ場所の風景とは思えない。
風があったせいで、水面に反射するような、いわゆるウユニっぽい夕日ではなかったものの、やっぱりこの景色はこの瞬間だけのもの。
ただ、ちょっとだけ変わったものを見ることができた。


他の写真でも気付いた人もいるかもしれない。
水面上に風紋が見えるのである。
はっきりと風の通り道を目にすることができた。
遠くの方からどこを風が通ってくるのを見ているのは不思議な感覚だった。
風って、真っすぐ吹いてるんじゃないんだな。

おもいっきり風の強いウユニ塩湖の夕日を満喫することができた。


…おなか空いたー。


晩ご飯。
宿を切り盛りする夫婦の奥さんの方が体調が悪いとのことだったので、みんなで配膳なんかをお手伝い。


E.T.。←鳥の足


片付けもお手伝い。

そして今晩ももちろん…


ダハブゲーム。
ただしこの日は結構体調を崩している人がいた。
まぁ、寝不足だし、寒いし、体調崩して下さいと言わんばかりの状況なんだけど。
腹を壊しちゃった人も多かったから、何か食べ物がよくなかったのかなぁ。
当然のようにボクらは元気でしたけどね。

この日もただダハブゲームをしていただけではない。
夕方から強くなった風が止まるのを待っていたのである。
いつか必ず風は止まるはずだと信じて、ゲームの合間に交代で何度も外の様子を見に行ったのだが、なかなか風が止まない。
そんな感じで次第に夜は更けていった…。


そんなわけでウユニ塩湖・その3はこれにて。
次回は最終回…だと思います。
夜から朝にかけての写真、けっこうヤバいよ。

[PON]

いい年した大人たち、大いにはしゃぐ。〜ウユニ塩湖・その2

  • 2011/03/04(金) 11:22:01

<現在、ボリビア・ラパスにいます。ふたりとも健康です。>
*2011年2月10日〜11日の日記*


まだボリビアラパスにいます。
予告通り、3/4から2泊3日でオルーロのカルナバルに行ってきます。
この時期、南米でいっせいに「祭り」祭りですな。

そしてラパスに戻ってきた後は、一気にナスカへ向かいます。
チチカカ湖やマチュピチュは後回し。
以前にも書いたように、今この辺りは雨季真っ只中で、天気が悪い可能性大。
ペルーやボリビアはまた戻ってくる予定なので、見どころはまとめて全部後に取っておくことにしました。

その後は遅くとも12日までにはリマへ入る予定です。
そして16日にはイースター島へ!
いやー…南米、楽しいわ



ではでは。
ウユニ塩湖ツアーの続き。
今回は…もとい、今回も写真多いよー。


さて、天気が悪いながらも神秘的だった夕日の後は…


晩ご飯!
体が冷え切っていたので、温かいスープはありがたかったなぁ。
他にもパン、チキンパスタなんかが出て、思ったよりお腹いっぱい。
温かいマテ茶(南米原産のお茶)も美味かった。
ただし大食いの男性ならちょっと足りないくらいだと思うので、おやつか何かを買っていった方がいいかもしれない。

結局この日の宿泊者は18人全員が日本人(だったはず)。
みんなの自己紹介を聞いたところ、年齢はもちろん、旅の期間も日本での職業もばらっばら(珍しいところではナレーションをやっているという人や飛行船を飛ばすのが仕事だったという人も)。
言ってみれば、たまったま地球の裏側で出会っただけの人たちと一緒にいるだけなのに…
こんなに楽しいなんて!
ウユニ塩湖の真ん中という特殊な環境のせいもあるとは思うが、何にせよ、この出会いに感謝せずにはいられない程、本当に素敵なヤツらだった。

そんな仲間と一緒に…


ダハブゲーム!
このホテルでは発電機を使っていて、夜10時くらいには消灯されてしまうので、明かりといえばロウソクのみ。
よって映像的には怪談でもやっているかのような雰囲気になっているが、実際やっているのはトランプゲーム。

で、ダハブゲームとは…説明が猛烈にめんどくさい(笑)。
ものすごーく大雑把に言えば、ディスカッションをしながら犯人を探すゲーム。
犯人は普通の人を装っているので、会話や行動から誰が犯人かを暴き出そうとするわけだが、なかなかこれが難しい。
8人ずつ2グループに分かれてやったのだが、このくらいの人数だと、1ゲームで軽く1時間以上はかかる。
暇つぶしにはもってこいのゲーム、というわけである。

ちなみに「ダハブゲーム」の「ダハブ」とは、諸事情によりボクらが1ヶ月近くも滞在したエジプトのダハブである。
一説によれば、ダハブ滞在中の暇人が考え出したとか。
まぁ、あそこでだらだらしてれば、新しいゲームの一つや二つ考え出すのも訳ないかな。


ボクらはこのダハブゲームを明け方までずーっとやっていた。
意外とみんながダハブゲームにドはまりしてしまったというのも大きな理由だが、もう一つ理由が。
日が沈んだ後もどんどん外の天気は悪くなり、しまいにはどしゃ降りに。
しかしウユニ塩湖で見られるはずの満天の星空が諦めきれない
というわけで、みんなでダハブゲームをしながら、もしかしたら回復するかもしれない天候を待ち続けていたわけである。
まぁ、実際はゲームがおもしろすぎて、ほとんど天候そっちのけだったけど(笑)。

で、結局…天候は回復せず
ゲームの合間に交代で外を見に行ったりしてみたものの、見えたのは雲の隙間から星3つ、とか。
朝日が昇るであろう時間に外に出てみても、雲が厚すぎて、どの辺りから太陽が昇ったのかさえわからない有り様。

うーむ…。

元々、満足のいくものが見られなかった場合、塩のホテルに延泊しようと考えていた。
延泊するなら1泊25USD、一方もう一回1泊2日のツアーに参加するなら55USD。
金額だけ考えるなら延泊した方が圧倒的に安上がりなわけだが、数日前からこの日にかけての天気が悪すぎる。
おまけにめっちゃ眠いし。←半分自業自得
KAOと相談した結果、このまま延泊しても星空を見られる可能性は低いだろうということになり、特に日程的にも詰まっているわけではないので、一旦ウユニの街に帰って、ゆっくり休んでから、再度1泊2日のツアーに参加しようということになった。

そうと決まれば、まずはひと眠り(KAOは7時半に朝ご飯と言われて、叩き起こされたらしい)。
9時半ごろ起き出して、寝ぼけながら朝ご飯(パンとコーヒー)を食べていると…
…あれ?
…もしかして?


めっちゃいい天気ーーー!!
最近でこんなに天気いい日あったっけ?
これは今晩の天気も期待できんじゃないの?
というわけで、ボクらはこの時点で延泊決定!
朝の時点での延泊希望者は2人だったのだが、この天気を見てさらに7人が延泊を決定。
スペイン語堪能のガンジさんがホテルの従業員に掛け合ってくれて、どうやら9人全員が延泊できそうな気配となった。
(ガンジさん、ほんっとうにお世話になりました。)


さぁ、みんなではしゃぐぞー!


いやっほー!

ジャンプしたり走り回ったりしてはしゃいでいると、ズボンや服はもちろんのこと…


顔もこうなる。
塩だらけっす。

もういっちょ、ジャーンプ!


ダイスケくん、姿勢良過ぎだから。
バレリーナかよ。

トリック写真も何枚かどうぞー。


ライター。


サザエさんのエンディング風。


車輪が4つ!
いあぁ、きれいだなー。
新しいUNIQLOのCMの撮影地が雨季のウユニ塩湖らしいという情報を日本にいるKAOの姉さんから得たんだけど、この写真なんてそのままCMに使えそうじゃない?
UNIQLOさーん、安くしときますよー。


人文字。
水に映ったほうだけを見ると…UYUNI


サングラスの中からこんにちは。


広さを強調してみた。
ちなみに水面に浮いている泡みたいなものは、結晶化して浮いてきた塩。
気温が上がってくると、どんどん増えてくる。

はーい、みんな好きなポーズとってー。


いい感じで適当ですな。

じゃあ、次はみんなでジャーンプ!


…ばらっばらだし。


みんなで手つないで、カメラに向かってダーッシュ!


おりゃぁぁぁぁぁ!
ヨシさん(向かって一番左)、帽子が落ちたことに気付く。


どりゃぁぁぁぁぁ!
ヨシさん、完全においてかれる。

女性陣のみなさーん、ジャーンプ!


うぉー、めっちゃきれい。
これなんかもUNIQLOのCMとかで使えんじゃね?
UNIQLOさーん、こっちの写真も安くしときますよー。
って、実際身に着けてるUNIQLO商品って、KAOのパンツくらいかも。
…ダメか。


女性陣を撮るカメラマンたち。
「いいよー、その感じ。もう1回いこうかー。」
…なんかエロい。

はい、次。
男性陣のみなさーん。


なんちゃってEXILE(下半身塩だらけVer.)。
っていうか、最前列…ヤクザにしか見えないんですけど(笑)。

はーい、みんなー、決めポーズ!


やっぱりヤクザがおる…。

はーい、じゃあみんな、最高の笑顔でー!


この写真、最高すぎる(特にヨシさん、っていうかヨシさん)。
ボクらふたりの中での、ウユニ塩湖ベストショット賞

…っていうか、この辺の写真、もうウユニ塩湖とか関係ないし(笑)。


というわけで、昼食タイム(みんな写真撮影に夢中になりすぎて、既に13時半)。


なんか…テンション低っ。
誰ひとりとして笑ってないし。
さっきまでの笑顔はどこ行った。
まぁ、みんなほとんど寝てないわけだし、仕方ないか。

そしていよいよ…


国旗掲揚!
この日は奇しくも建国記念日(2月11日)。
みんなで台の上に上がり、大声で君が代を大合唱!
周りにいたたくさんの外国人観光客の視線が痛いこと痛いこと(笑)。
「何やってんだ、こいつら」的な冷たい視線がザクザク。
でも(たぶん)ボクらみんな右寄りの人間じゃないんだけど、歌ってる時は本当に気持ちよかったなー。


さぁ、晴天の塩湖ドライブへGO!


そんなわけでウユニ塩湖・その2はこれにて。
まだまだ続きます。

[PON]

[番外編]記憶スケッチ。

  • 2011/03/03(木) 00:59:33

現在、ボリビア・ラパスにいます。

ふたりとも健康です。

ウユニ塩湖の続きを期待している皆様には申し訳ないが…
先日、暇つぶしに開催された記憶スケッチ大会があまりにもおもしろかったので、ブログ上でさらしもの…報告することにした。
記憶スケッチ
とは提示されたお題を記憶のみに頼って描いてみるという、某番組でも人気の企画である。

参加者はPON画伯、KAO画伯、リュウジ画伯、サトコ画伯である。
誰がどれを描いたかはあえて明記しないが、忘れてほしくないのは「全員本気で描いている」ということである。
お暇な方は画像検索などで正解と見比べてみることをお勧めする。

まずは小手調べから。


サイ」は危ないところだけど、ぎりぎりサイっぽい。

サザエさん」はパーマをかけたシズカちゃんにしか見えない。

ニモ」は魚であること以外、ニモとの共通点が認められない。


トトロ」…ダルマっぽいと言ったら、ダルマに失礼だろうか。
ジブ○さん、ごめんなさい。

まる子」と「マルチャン」…同じキャラクターを描いたとは思えん。

友蔵」からは老いが感じられない。
心の俳句は…まぁ、良しとすることにしよう。


ここの画は比較的まともですかな…数点を除けば。

キン肉マン」は腹でも壊したか?
しばらく牛丼にありつけていないことは確かなようですな。

トトロ」…?
…マジで?
書き終わった時点で本人曰く、「顔しか描けなかったー」。
…顔?
トトロの顔ってどこ?
大画面で子どもたちが見たら泣いちゃいますな。
ネコバスと混じっちゃったんでしょうか。
頭から生えてる毛も意味不明だし。
改めてジブ○さん、ごめんなさい。


…「サイ」。
サイ、ですか。
ツッコミどころがありすぎる。
角だか鼻だか。
口もあんなところにあるし、耳もあんなことになってるし。

サザエさん」は…ギリギリでしょうか。
かろうじて髪型の特徴だけはつかんでいる、と言えなくもない。

カールおじさん」は出来損ないの喪黒福造ってところですかな。

真ん中にある「ムーミン」は…救いようがないほどコメントしにくい。

カマキリ」…。
どの角度から見たんでしょうか。
ピカソ的な?
っていうか、むしろ攻撃的ゴキブリ?

マリオ」は…ニン○ンドーさんに訴えられますな。

悟空」…ですか。
そうですか。
ちなみに書いた本人は自信満々。
出直して来い。


ドラえもん」は色の配分があちこちおかしい。

そして、ボクらの中で最高傑作の呼び声が高かった記憶スケッチが上の方にある「」。
何だかおわかりだろうか。
正解は…ペンギン、らしい。
白目だし。
変なしっぽ生えてるし。
薄毛だし。
さすがです、リュウジ画伯。←言っちゃった

あくまでも全員大真面目に描いたことを繰り返しておく。


人間の記憶というものは、実に曖昧である。
…つーか、4人とも絵心無さ過ぎだから。

[PON]